プロフィール / 仕事の一覧

吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)

文筆業。1972年3月、鳥取県米子市生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。国書刊行会、ヤフーを経て、フリーランス。関心領域は哲学/科学/芸術、犬/猫/鳥、デジタルガジェット、映画、ロックなど。哲学愛好家。Tシャツ愛好家。ハーレーダビッドソン愛好家。卓球愛好家。

おもな著書に『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)、『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)、『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(山本貴光との共著、太田出版)、『問題がモンダイなのだ』(山本との共著、ちくまプリマー新書)ほか。翻訳に『先史学者プラトン――紀元前一万年­-五千年の神話と考古学』(山本との共訳、メアリー・セットガスト著、朝日出版社)、『マインド──心の哲学』(山本との共訳、ジョン・R・サール著、朝日出版社)など。

メール メール
Twitter @clnmn|Facebook clnmn|Tumblr clnmn

【現在の仕事】

  • 準備中
    • 『人間本性論(仮)』未定
    • 『人生がときめく〜(仮)』山本貴光と共著、筑摩書房
    • 『資本主義と~(仮)』山本と共著、dZERO
    • 『生き延びる~(仮)』山本と共著、新潮社
    • 【翻訳】『時間の地図作成法(仮)』山本との共訳、フィルムアート社
  • 連載中
    • 「書評」、『KOKKO』堀之内出版、2016/1~
    • 「人文的、あまりに人文的」(山本と共著)、『ゲンロンβ』ゲンロン、2016/5~
    • 「哲学の門前」、『scripta』紀伊國屋書店、2016/10~
  • 随筆、論考、書評、イベントなど
    • 随時

【過去の仕事】

2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011
2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004

2018

  • 【講演】吉川浩満「『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』著者ゲスト講演」猫町倶楽部[ビジネス]東京アウトプット勉強会、東京ミッドタウン、2018/10/20 [link]
  • 【トークイベント】大澤真幸、東浩紀、吉川浩満「いま、人間とはなにか?――『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』刊行記念イベント」ゲンロンカフェ、2018/10/9 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前9 削除された世界の起源」、『scripta』2018年秋号、紀伊國屋書店、2018/10 [link]
  • 吉川浩満「いつもポッケに丸山を」、『図書』2018年10月臨時増刊号「はじめての新書」、岩波書店 [link]
  • 吉川浩満「アンケート わたしと図鑑」、『ユリイカ 特集=図鑑の世界』2018年10月号、青土社 [link]
  • 【ブックフェア】吉川浩満選『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』刊行記念ブックフェア「脳と遺伝子の時代を迎え撃つ」、紀伊國屋書店新宿本店、2018/9/24- [link]
  • 【テレビ】「どんな本でSHOW!? #20吉川浩満『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』」蕨ケーブルビジョン、2018/9/18-24 [link]
  • 【トークイベント】大澤真幸、吉川浩満「私たちは、人間をなんだと思ってきたのか。──人間解放の理論のために──」、本屋Title、2018/9/6 [link]
  • 【トークイベント】國分功一郎、吉川浩満「人間本性論と幸福のゆくえ――『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』刊行記念」代官山蔦谷書店、2018/8/30 [link]
  • 吉川浩満「『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』著者・吉川浩満さん 刊行記念特別インタビュー【後篇】」、Web河出、2018/8/13 [link]
  • 木島泰三、吉川浩満「人間(再)入門」、『週刊読書人』2018年8月10日号 [link]
  • 吉川浩満「文學界図書館|セイシュン・アウトノミア・イン・ザ・JP|島田雅彦『絶望キャラメル』」、『文學界』2018年9月号 [link]
  • 吉川浩満「書評 第27回|セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ『誰もが嘘をついている──ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性』、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第30号、堀之内出版、2018/8 [link]
  • 吉川浩満「2018年上半期読書アンケート」、『図書新聞』2018年7月21日号 [link]
  • 吉川浩満「『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』著者・吉川浩満さん 刊行記念特別インタビュー【前篇】」、Web河出、2018/7/20 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #20」(書評)、『ゲンロンβ27』ゲンロン、2018/7/20 [link]
  • 【トークイベント】三中信宏、山本貴光、吉川浩満「知はいかに体系化されるか?――『系統体系学の世界』『統計思考の世界』刊行記念イベント」ゲンロンカフェ、2018/7/20 [link]
  • 【トークイベント】荒木優太、吉川浩満「クリナメンズ作戦会議 『仮説的偶然文学論』(月曜社)刊行記念」、本屋B&B、2018/7/7 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前8 右でも左でもある普通でない日本人」、『scripta』2018年夏号、紀伊國屋書店、2018/7 [link]
  • 吉川浩満「犬は防衛されなければならない」、『ユリイカ 2018年6月臨時増刊号 総特集=<決定版>ウェス・アンダーソンの世界 『犬ヶ島』へようこそ!』青土社、2018/5 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #19」(書評)、『ゲンロンβ25』ゲンロン、2018/5/25 [link]
  • 【イベント】山本貴光、吉川浩満「本棚会議vol.2~『先史学者プラトン』刊行記念!人類の夜明けをめぐる本棚会議~」、ジュンク堂書店池袋本店、2018/5/25 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、最終回「エピクテトス先生をアップデートする(その四)」、webちくま、2018/5/25 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第29回「エピクテトス先生をアップデートする(その三)」、webちくま、2018/5/11 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第28回「エピクテトス先生をアップデートする(その二)」、webちくま、2018/4/27 [link]
  • 吉川浩満「書評|本村凌二『教養としての「ローマ史」の読み方』」、『週刊現代』2018年5月5日・12日号(2018年4月23日発売)、講談社 [link]
  • 吉川浩満「書評|アニル・アナンサスワーミー『私はすでに死んでいる』」、日本経済新聞、2018年4月21日号 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第27回「エピクテトス先生をアップデートする(その一)」、webちくま、2018/4/13 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前7 伯父の帰国運動」、『scripta』2018年春号、紀伊國屋書店、2018/4 [link]
  • 吉川浩満「〈人間〉以後の人間論」、『現代思想 特集*現代思想の316冊−ブックガイド2018』 2018年4月号、青土社 [link]
  • 吉川浩満「それからだけが人生だ」、ホン・サンス監督『それから』プログラム、クレストインターナショナル、2018/3 [link]
  • 吉川浩満「花はなぜ美しい?」、『趣味の園芸』2018年4月号、NHK出版 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第26回「ストアの倫理学(その二)」、webちくま、2018/3/23 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #18」(書評)、『ゲンロンβ23』ゲンロン、2018/3/19 [link]
  • 堀内進之介、吉川浩満「「脅威論」でも「楽観論」でもないあたらしい技術の話をしよう」、『青春と読書』2018年4月号、集英社 [link]
  • 吉川浩満「書評 第26回|アビゲイル・タッカー『猫はこうして地球を征服した──人の脳からインターネット、生態系まで』、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第30号、堀之内出版、2018/3 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第25回「ストアの倫理学(その一)」、webちくま、2018/3/9 [link]
  • 吉川浩満「レプリカントに人間を学ぶ」、『kotoba 特集*ブレードランナー 2019-2049』2018年春号、集英社 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第24回「ストアの自然学(その二)」、webちくま、2018/2/23 [link]
  • 吉川浩満「猿の惑星――危険な知識にかんする二種類の問い」、『現代思想 総特集*現代を生きるための映像ガイド』2018年3月臨時増刊号、青土社 [link]
  • 橘玲、吉川浩満「『利己的な遺伝子』をめぐる10冊」、『利己的な遺伝子 40周年記念版』刊行記念リーフレット、紀伊國屋書店、2018/2 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第23回「ストアの自然学(その一)」、webちくま、2018/2/9 [link]
  • 吉川浩満「書評 第25回|橋本努『経済倫理=あなたは、なに主義?』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第29号、堀之内出版、2018/2 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #17」(書評)、『ゲンロンβ21』ゲンロン、2018/1/19 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第22回「ストアの論理学(その二)」、webちくま、2018/1/12 [link]
  • 【トークイベント】斎藤哲也、山本貴光、吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2017年人文書めった斬り!」ゲンロンカフェ、2018/1/5 [link]
  • 吉川浩満「書評 第24回|吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)『漫画 君たちはどう生きるか』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第28号、堀之内出版、2018/1 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前6 ディス/コミュニケーション(2)」、『scripta』2018年冬号、紀伊國屋書店、2018/1 [link]

2017

  • 吉川浩満「残念な人」、『しししし』vol. 1(特集*宮沢賢治)、双子のライオン堂出版部、2017/12 [link]
  • 【選書】吉川浩満「今年の1冊」、『αシノドス』vol.234+235、シノドス、2017/12/25 [link]
  • 【談話】「いのちとの伴走 iPS細胞誕生10年 第6部 変わる生の形2」、京都新聞、2017/12/23 [link]
  • 【選書】吉川浩満「2017年下半期読書アンケート」、図書新聞、2017年12月23日号 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第21回「ストアの論理学」、webちくま、2017/12/22 [link]
  • 吉川浩満「書評 第23回|ジェニファー・ダウドナ、サミュエル・スターンバーグ『CRISPR――究極の遺伝子編集技術の発見』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第27号、堀之内出版、2017/12 [link]
  • 【DJ】猫町倶楽部クリスマスパーティー2017、モンスーンカフェ代官山、2017/12/10 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第20回「ストア哲学の体系(その四)、webちくま、2017/12/8 [link]
  • 吉川浩満「『サピエンス全史』の魅力と可能性」、河出書房新社編集部編『『サピエンス全史』をどう読むか』河出書房新社、2017/11 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第19回「ストア哲学の体系(その三)、webちくま、2017/11/24 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #16」(書評)、『ゲンロンβ19』ゲンロン、2017/11/17 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第18回「ストア哲学の体系(その二)、webちくま、2017/11/10 [link]
  • 吉川浩満「書評|左右社編集部編『〆切本2』」、『週刊現代』講談社、2017/11/11号(2017/11/6発売) [link]
  • 吉川浩満「書評 第22回|三中信宏『思考の体系学──分類と系統から見たダイアグラム論』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第26号、堀之内出版、2017/11 [link]
  • 吉川浩満「書評|アレクサンダー・R・ギャロウェイ『プロトコル──脱中心化以後のコントロールはいかに作動するのか』」、週刊読書人、2017/10/27 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第17回「ストア哲学の体系(その一)、webちくま、2017/10/27 [link]
  • 吉川浩満「現代エロティシズム入門 Selector 01」、『STUDIO VOICE』vol.411、INFASパブリケーションズ、2017/10 [link]
  • 吉川浩満「今月のポジ出し! フィルターバブルを破る一番簡単な方法」、αシノドス vol.230、シノドス、2017/10/15 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第16回「哲学の訓練」(その四)、webちくま、2017/10/13 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #6」(書評)、『ゲンロン6.5』ゲンロン、2017/10 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前5 ディス/コミュニケーション(1)」、『scripta』2017年秋号、紀伊國屋書店、2017/10 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #15」(書評)、『ゲンロンβ17』ゲンロン、2017/9/22 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第15回「哲学の訓練」(その三)、webちくま、2017/9/22 [link]
  • 吉川浩満「書評 第21回|ラファエル・A・カルヴォ、ドリアン・ピーターズ『ウェルビーイングの設計論――人がよりよく生きるための情報技術』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第25号、堀之内出版、2017/9 [link]
  • 【トークイベント】三中信宏×山本貴光×吉川浩満「分ける、つなぐ、で考える——ー分類と系統樹から見える世界」、ゲンロンカフェ、2017/9/1 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第14回「哲学の訓練」(その二)、webちくま、2017/8/25 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第13回「哲学の訓練」(その一)、webちくま、2017/8/11 [link]
  • 【選書】吉川浩満「100人がこの夏おすすめする一冊」、青山ブックセンター、2017/8/4-9/30 [link]
  • 吉川浩満「書評 第20回|テオ・コステル『アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第24号、堀之内出版、2017/8 [link]
  • 吉川浩満「私の恐竜」、『現代思想 総特集*恐竜 古生物研究最前線』2017年8月臨時増刊号、青土社 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第12回「心像の正しい使用」とは?(その三)、webちくま、2017/7/28 [link]
  • 【選書】吉川浩満「2017年上半期読書アンケート」、図書新聞、2017/7/22 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #14」(書評)、『ゲンロンβ16』ゲンロン、2017/7/21 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第11回「心像の正しい使用」とは?(その二)、webちくま、2017/7/14 [link]
  • 吉川浩満「書評|ルチアーノ・フロリディ『第四の革命――情報圏が現実をつくりかえる』」、週刊読書人、2017/7/7 [link]
  • 吉川浩満「書評 第19回|キャス・サンスティーン『選択しないという選択――ビッグデータで変わる「自由」のかたち』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第22号、堀之内出版、2017/7 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前4 ゴムボートとタイタニック」、『scripta』2017年夏号、紀伊國屋書店、2017/7 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第10回「心像の正しい使用」とは?(その一)、webちくま、2017/6/23 [link]
  • 【選書】井上奈奈展「誰も知らない話 12冊×12人」、銀座ギャラリー枝香庵、2017/6/11-18 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第9回「理性的能力って、なに?」、webちくま、2017/6/9 [link]
  • 吉川浩満「進化論ぎらい」、『kotoba』2017年夏号、集英社、2017/6 [link]
  • 吉川浩満「フロム・カタストロフ・ティル・ドーン――島田雅彦『カタストロフ・マニア』論」、『新潮』2017年7月号、新潮社、2017/6 [link]
  • 吉川浩満「書評 第18回|小平麻衣子『夢みる教養――文系女性の知的生き方史』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第22号、堀之内出版、2017/6 [link]
  • 吉川浩満「今日の宿題」、Rethink Books編『今日の宿題』NUMABOOKS、2017/5 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #13」(書評)、『ゲンロンβ14』ゲンロン、2017/4 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第8回「人間の諸能力について、考える」、webちくま、2017/5/26 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第7回「間奏 降臨! エピクテトス先生。上司にムカつく30代男性の相談に答える!(後篇)」、webちくま、2017/5/12 [link]
  • 【編著】『atプラス』32(吉川浩満編集協力/特集「人間の未来」)、太田出版、2017/5 [link]
  • 吉川浩満「書評 第17回|デサール、パーキンズ『マイクロバイオームの世界――あなたの中と表面と周りにいる何兆もの微生物たち』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第21号、堀之内出版、2017/5 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第6回「間奏 降臨! エピクテトス先生。上司にムカつく30代男性の相談に答える!(前篇)」、webちくま、2017/4/28 [link]
  • 吉川浩満「解説」、『多田富雄コレクション 第1巻 自己とは何か〔免疫と生命〕』藤原書店、2017/4 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #12」(書評)、『ゲンロンβ13』ゲンロン、2017/4 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第5回「できないことで悩む必要なし!」、webちくま、2017/4/14 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「「哲学の劇場」山本貴光×吉川浩満が『未来よ こんにちは』を語る」、リアルサウンド映画部、2017/4/8 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前3 哲学のはじまり(と終わり)」、『scripta』2017年春号、紀伊國屋書店、2017/4 [link]
  • 吉川浩満「書評 第16回|ジョージ・オーウェル『一九八四年 新訳版』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第20号、堀之内出版、2017/4 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第4回「ヤバい時でも平時でも、やるべきことは決まってる」の教え、webちくま、2017/3/24 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #11」(書評)、『ゲンロンβ12』ゲンロン、2017/3 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第3回「「なんで、この私が斬首に?」という生徒さんの相談」、webちくま、2017/3/10 [link]
  • 吉川浩満「閉じ込められること、その恐怖との闘い!」hontoブックツリー、2017/3 [link]
  • 吉川浩満「書評 第15回|海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』1~」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第19号、堀之内出版、2017/3 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第2回「悩みの総合カタログ、それが『人生談義』」、webちくま、2017/2/24 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #10」(書評)、『ゲンロンβ10』ゲンロン、2017/2 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」、第1回「元祖・自己啓発哲学者、エピクテトスって?」、webちくま、2017/2/10 [link]
  • 吉川浩満「書評|アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ――コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年 』」、『図書新聞』第3289号、2017/2 [link]
  • 吉川浩満「功利主義」、『現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集=知のトップランナー50人の美しいセオリー』青土社、2017/2 [link]
  • 吉川浩満「書評 第14回|ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか——対立を超えるための道徳心理学』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第18号、堀之内出版、2017/2 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #9」(書評)、『ゲンロンβ10』ゲンロン、2017/1 [link]
  • 吉川浩満「新(書)三種の神器|私の好きな中公新書」web中公新書、2017/1 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前2 門と門番」、『scripta』2017年冬号、紀伊國屋書店、2017/1 [link]
  • 吉川浩満「書評 第13回|ジャック・ランシエール『無知な教師』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第17号、堀之内出版、2017/1 [link]
  • 吉川浩満「「人新世(アントロポセン)」における人間とはどのような存在ですか?」、『10+1 web site』LIXIL出版、2017/1 [link]

2016

  • 【書店企画】吉川浩満「宿題」、Rethink Books、2016/12/23 [link]
  • 吉川浩満「文庫版解説|リチャード・ドーキンス『進化とは何か——ドーキンス博士の特別講義』吉成真由美編訳、ハヤカワ文庫、2016/12 [link]
  • 【トークイベント】斎藤哲也×山本貴光×吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!」、ゲンロンカフェ、2016/12/7 [link]
  • 【DJ】猫町倶楽部クリスマスパーティー2016、モンスーンカフェ代官山、2016/12/18 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #8」(書評)、『ゲンロンβ9』ゲンロン、2016/12 [link]
  • 吉川浩満「書評 第12回|ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第16号、堀之内出版、2016/12 [link]
  • 吉川浩満「ウィキペディアという思想」、『三田評論』2016年12月号、慶應義塾大学出版会、2016/12 [link]
  • 【トークイベント】紫原明子、吉川浩満「アラサー・アラフォーのための人生100年時代の生き方」、猫町倶楽部、2016/11/23 [link]
  • 【DJ】猫町ナイト2016〜Autumn、名古屋under lounge、2016/11/23 [link]
  • 吉川浩満「書評|ベン・H・ウィンタース『世界の終わりの七日間』」、『草獅子』Vol. 1、双子のライオン堂、2016/11 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #7」(書評)、『ゲンロンβ8』ゲンロン、2016/11 [link]
  • 【トークイベント】吉川浩満「ブックトーク:読書は理不尽な営みか」、KOKKO展!@双子のライオン堂、2016/11/4 [link]
  • 吉川浩満「書評|大黒岳彦『情報社会の〈哲学〉――グーグル・ビッグデータ・人工知能』勁草書房」、『週刊読書人』2016年11月11日号 [link]
  • 吉川浩満「書評 第11回|今泉忠明監修『おもしろい! 進化のふしぎ――ざんねんないきもの事典』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第15号、堀之内出版、2016/11 [link]
  • 【トークイベント】太刀川瑛弼、吉川浩満、塚田有那(モデレーター)「デザインと生物の進化論」、ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2016/10/29 [link]
  • 吉川浩満「魅惑のゴジラ・ファッシ――『シン・ゴジラ』試論」、河出書房新社編集部編『「シン・ゴジラ」をどう観るか』河出書房新社、2016/10 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #6」(書評)、『ゲンロンβ7』ゲンロン、2016/10 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「生き延びるための人文3 モードチェンジは「驚き」から始まる」、『考える人』2016年秋号、新潮社、2016/10 [link]
  • 吉川浩満「書評 第10回|高史明『レイシズムを解剖する――在日コリアンへの偏見とインターネット』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第14号、堀之内出版、2016/10 [link]
  • 吉川浩満「生き物に歴史あり。波乱の40億年の歴史を追う!」hontoブックツリー、2016/10 [link]
  • 吉川浩満「哲学の門前1 Call me Ishmael.」、『scripta』2016年秋号、紀伊國屋書店、2016/10 [link]
  • 藤田貴大、吉川浩満「理不尽な「いま」をどう描くか」、『早稲田文学』2016年秋号、筑摩書房、2016/9 [link]
  • 吉川浩満「書評 第9回|アトゥール・ガワンデ『死すべき定め――死にゆく人に何ができるか』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第13号、堀之内出版、2016/9 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #5」(書評)、『ゲンロンβ6』ゲンロン、2016/9 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「「脳」をめぐるリテラシーは何に役立つのか? 山本貴光氏・吉川浩満氏インタビュー」、ビジネス+IT、2016/8 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #4」(書評)、『ゲンロンβ5』ゲンロン、2016/8 [link]
  • 吉川浩満「書評 第8回|吉良智子『女性画家たちの戦争』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第12号、堀之内出版、2016/8 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #3」(書評)、『ゲンロンβ4』ゲンロン、2016/7 [link]
  • 吉川浩満「書評 第7回|ジョシュア・グリーン『モラル・トライブズ──共存の道徳哲学へ』(上・下)」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第11号、堀之内出版、2016/7 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「生き延びるための人文2――人文の「理想」と「現実」」、『考える人』新潮社、2016年夏号 [link]
  • 【トークイベント】山本貴光、吉川浩満「『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)刊行記念――「脳と心、科学と哲学」の関わりをめぐる、超入門から最先端の問いまで」青山ブックセンター、2016/6/17 [link]
  • 吉川浩満「クリティカル・デザイン・スクール[グラフィック篇]第2回 デザインについて語るとき我々が 語ること」、『アイデア』誠文堂新光社、2016/7 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #2」(書評)、『ゲンロンβ3』ゲンロン、2016/6 [link]
  • 吉川浩満「書評 第6回|マレー・シャナハン『シンギュラリティ――人工知能から超知能へ』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第10号、堀之内出版、2016/6 [link]
  • 【DJ】猫町ナイト、渋谷FLAME、2016/5/14 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #1」(書評)、『ゲンロンβ2』ゲンロン、2016/5 [link]
  • 石川義正、日埜直彦、吉川浩満「小説と建築の間に」、『早稲田文学』2016年夏号、早稲田文学会/筑摩書房、2016/5 [link]
  • 吉川浩満「書評 第5回|ジョセフ・ヒース『啓蒙思想2.0――政治・経済・生活を正気に戻すために』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第9号、堀之内出版、2016/5 [link]
  • 吉川浩満「人類の起源という考えそのものについて」、『現代思想 特集*人類の起源と進化‐プレ・ヒューマンへの想像力』青土社、2016/5 [link]
  • 吉川浩満「部室とメイデンと私」、河出書房新社編集部『文藝別冊 アイアン・メイデン──悠久のヘヴィ・メタル叙事詩』河出書房新社、2016/4 [link]
  • 【トークイベント】三中信宏、吉川浩満 「文化は進化論で本当に語れるのか?」──『文化進化論』(NTT出版)刊行記念トークショー@本屋B&B(東京・下北沢) [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「ヨーロッパに始まる哲学の2500年 主要モンダイマップ」ほか、『アエラ [大特集]名経営者 仕事の哲学』朝日新聞出版、2016/4/11 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「生き延びるための人文1──「知のサヴァイヴァル・キット」を更新せよ!」、『考える人』2016年春号、新潮社 [link]
  • 吉川浩満「書評 第4回|浅野智彦『「若者」とは誰か――アイデンティティの30年 増補新版』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第8号、堀之内出版、2016/4 [link]
  • 【トークイベント】加藤賢策、室賀清徳、吉川浩満「クリティカル・デザイン・スクール[グラフィック篇]──デザインのなかの幽霊」BUKATSUDO、2016/3/26 [link]
  • 【DJ】猫町ナイト、新宿歌舞伎町NOM(ノモ)、2016/3/19 [link]
  • 吉川浩満「書評 第3回|スベトラーナ・アレクシエービッチ『チェルノブイリの祈り――未来の物語』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第7号、堀之内出版、2016/3 [link]
  • 【トークイベント】山本貴光、吉川浩満「「人文学は本当に危機なのか?――ポスト・ヒューマニティーズの文化地図作成法」」ゲンロンカフェ、2016/3/2 [link]
  • 吉川浩満、書評とコラム(計9本)、シミルボン、2016/3- [link]
  • 吉川浩満「書評 第2回|アンソニー・B・アトキンソン『21世紀の不平等』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第6号、堀之内出版、2016/2 [link]
  • 吉川浩満「フロイト革命の帰趨──合理性のマトリックスとロボットの叛逆」、『子午線』第4号、書肆子午線、2016/1 [link]
  • 吉川浩満「ギャグとダンドリと私――泉昌之『ダンドリくん』」、河出書房新社編集部『マンガがあるじゃないか――わたしをつくったこの一冊』河出書房新社、2016/1 [link]
  • 吉川浩満「書評 第1回|多和田葉子編『ポケットマスターピース01 カフカ』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第5号、堀之内出版、2016/1 [link]
  • 吉川浩満「大人の青年――見田宗介についての覚え書き」、『現代思想 総特集*見田宗介=真木悠介』2016年1月臨時増刊号、青土社、2016/1 [link]
  • 吉川浩満「イスクラ=火花の系譜学|書評:加藤典洋『戦後入門』」、『新潮』2016年1月号、新潮社 [link]

2015

  • 吉川浩満「書評|野矢茂樹『哲学な日々――考えさせない時代に抗して』」、『図書新聞』3236号、2015/12 [link]
  • 【インタビュー】「生きづらいのは進化論のせいですか?」――吉川浩満氏インタビュー、『αシノドス 特集:私たちの「進化論」』185、2015/12/1 [link]
  • 【トークイベント】斎藤哲也、山本貴光、吉川浩満「紀伊國屋じんぶん大賞2016プレイベント 「じんぶん」のモンダイを語る――2015年の人文書を振り返って」紀伊國屋書店新宿本店、2015/11/22 [link]
  • 【ビブリオバトル】ORF2015 Preliminary Session、2015/11/9 [link]
  • 吉川浩満「イノヴェイションについて語るとき、わたしたちが語ること」、WIRED INNOVATION INSIGHTS、2015/11 [link]
  • 【DJ】ブックマークナゴヤ「猫町ハロウィンナイト」、名古屋Velvet i Scream、2015/10/31 [link]
  • 大澤真幸、千葉雅也、吉川浩満「討議:絶滅とともに哲学は可能か」、『現代思想』青土社、2015/9 [link]
  • 吉川浩満「エセー 読書会の喜び」、『文學界』文藝春秋、2015/9 [link]
  • 吉川浩満「書評|ダグラス・J・エムレン『動物たちの武器――闘いは進化する』」、『週刊読書人』読書人、2015/8 [link]
  • 【講演】吉川浩満「『理不尽な進化』著者ゲスト講演」猫町倶楽部[ビジネス]名古屋アウトプット勉強会、ウインクあいち愛知県産業労働センター、2015/7 [link]
  • 吉川浩満「古くて新しい読書会」、『大学出版』2015年夏号、大学出版部協会、2015/7 [link]
  • 【トークイベント】北田暁大、吉川浩満「社会は「遺伝」するのか? ダーウィニズムと科学、歴史、差別──『理不尽な進化』刊行記念」朝日カルチャーセンター新宿教室、2015/5 [link]
  • 【トークイベント】東浩紀、吉川浩満「運と確率の進化論──『理不尽な進化』をめぐって」ゲンロンカフェ、2015/4 [link]
  • 【講演】吉川浩満「『理不尽な進化』著者ゲスト講演」猫町倶楽部[ビジネス]東京アウトプット勉強会、東京ミッドタウン、2015/4 [link]
  • 【トークイベント】細谷功、山本貴光、吉川浩満「本読みの快楽〈お題しばり公開読書会〉vol.1 ~今回のお題は“貧乏”~」本屋B&B、2015/4 [link]
  • 【インタビュー】「インタビュー#355 吉川浩満 敗者からこそ見える風景がある」、考える高校生のためのサイト「マンモTV」、2015/4 [link]
  • 山本貴光、吉川浩満「本の使いかた いかに探し、読み、書くか?」、『考える人』2015年春号、新潮社、2015/4 [link]
  • 吉川浩満「私のヰタ・セクスアリス」、『小説すばる』集英社、2015/4 [link]
  • 【インタビュー】「BOOK JUNCTION 今月最高の面白本はこれだ! 著者に訊け! 吉川浩満」、『宝島』宝島社、2015/4 [link]
  • 【トークイベント】山本貴光、吉川浩満「いかに探し、読み、書くか? ネット時代の〈本〉との付き合い方」リブロ池袋本店、2015/2 [link]
  • 吉川浩満「間のわるさ、進化論、人文学」、『新潮』新潮社、2015/3 [link]

2014

  • 【トークイベント】大澤真幸、吉川浩満「真木悠介『現代社会の存立構造』の可能性の中心──『資本論』再評価の機運の中で、40年を隔てた再評価を試みる」東京堂書店神保町本店、2014/11
  • 吉川浩満『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』朝日出版社、2014/10 [link]

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

  • 吉川浩満「NMB48大型新人・須藤凜々花の“哲学愛”を哲学研究者が検証」、『リテラ』サイゾー、2014/7 [link]

2013

  • 吉川浩満「書評|永井均『哲学の密かな闘い』」、『図書新聞』、2013/6

2012

  • 吉川浩満「書評|有馬道子『もの忘れと記憶の記号論』」、『日本経済新聞』、2012/9
  • 吉川浩満「リヒャルト・D・プレヒト『哲学オデュッセイ――挑発する21世紀のソクラテス』書評」、『図書新聞』、2012/6
  • 吉川浩満「若松英輔『魂にふれる――大震災と、生きている死者』書評」、『週刊読書人』、2012/4
  • 吉川浩満「バーナード・ウィリアムズ――道徳的な運」、大澤真幸編『3・11後の思想家25』左右社、2012/1
  • 【編集・執筆協力】川端幹人『タブーの正体!──マスコミが「あのこと」に触れない理由』ちくま新書、2012/1

2011

  • 【講義】吉川浩満「哲学カフェ 言葉の力と無力」朝日カルチャーセンター横浜教室、2011/11

2010

  • 吉川浩満「『鋼の錬金術師』全巻解題」、『ユリイカ 特集=荒川弘『鋼の錬金術師』完結記念特集』青土社、2010/12 [link]
  • 【執筆・編集協力】斎藤環、茂木健一郎『脳と心――クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話』双風舎、2010/8

2009

2008

  • 山本貴光、吉川浩満「貧困と哲学者」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2008/10
  • 【翻訳】ニコラス・ローズ「21世紀のバイオポリティクス」宮澤正顯監修、篠原雅武、山本貴光、吉川浩満訳、近畿大学国際人文科学研究所編『述』第2号、明石書店、2008/6
  • 山本貴光、吉川浩満「仲正昌樹『「プライバシー」の哲学』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2008/1

2007

  • 山本貴光、吉川浩満「斎藤環『思春期ポストモダン』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/12
  • 山本貴光、吉川浩満「小宮正安『愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/11
  • 山本貴光、吉川浩満「大屋雄裕『自由とは何か』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/11
  • 山本貴光、吉川浩満「亀山郁夫『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/10
  • 山本貴光、吉川浩満「佐々木毅『民主主義という不思議な仕組み』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/9
  • 山本貴光、吉川浩満「フーコー徹底活用法――思想の武器庫を再点検する」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2007/9
  • 山本貴光、吉川浩満「内田隆三『ベースボールの夢――アメリカ人は何をはじめたのか』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/9
  • 山本貴光、吉川浩満「富岡幸一郎『スピリチュアルの冒険』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/8
  • 山本貴光、吉川浩満「佐藤卓己、孫安石編『東アジアの終戦記念日――敗北と勝利のあいだ』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/8
  • 山本貴光、吉川浩満「梅森直之編『ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/6
  • 山本貴光、吉川浩満「奥武則『論壇の戦後史 1945-1970』書評」、『日経ビジネスONLINE』日経BP社、2007/6
  • 【執筆・編集協力】杉山和之『クリエイター・スピリットとは何か?』ちくまプリマー新書、2007/4
  • 吉川浩満「消えていった、世界の起源」、『未来 特集=読書特集2007』未來社、2007年4月号
  • 山本貴光、吉川浩満「構造構成主義に関する一考察」、西條剛央ほか編著『現代思想のレボリューション 構造構成主義研究1』北大路書房、2007/3
  • 山本貴光、吉川浩満「デザイン/サイエンス・ブックガイド」、『インターコミュニケーション 特集=デザイン/サイエンス 芸術と科学のインターフェイス』NTT出版、2007/2

2006

  • 山本貴光、吉川浩満『問題がモンダイなのだ』ちくまプリマー新書、2006/12

問題がモンダイなのだ (ちくまプリマー新書)

問題がモンダイなのだ (ちくまプリマー新書)

  • 山本貴光、吉川浩満「お役立ち(?)トラブルシューター本ガイド」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2006/12
  • 山本貴光、吉川浩満「極上翻訳エッセイ――読書へのアペリティフ」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2006/10
  • 山本貴光、吉川浩満「哲学書翻訳顛末記――噛み砕けないコトバたち/ホンヤクのコンニャク」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2006/3
  • 山本貴光、吉川浩満「脳と科学と男と女――心脳問題〈男女脳〉編」、上野千鶴子ほか『バックラッシュ!――なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?』双風舎、2006/6
  • 山本貴光、吉川浩満「媒介者としての哲学」、『インターコミュニケーション 特集=情報と世界を読む――想像と創造のために』NTT出版、2006/5
  • 山本貴光、吉川浩満「哲学書翻訳顛末記――噛み砕けないコトバたち/ホンヤクのコンニャク」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2006/3
  • 山本貴光、吉川浩満「マイケル・S・ガザニガ『脳のなかの倫理』書評」、『図書新聞』、2006/3
  • 【執筆・編集協力】別冊宝島編集部編『別冊宝島 音楽誌が書かないJポップ批評41 ブルーハーツ/ハイロウズ――ヒロトとマーシーの20年』宝島社、2006/2
  • 【翻訳】ジョン・R・サール『マインド――心の哲学』山本貴光、吉川浩満訳、朝日出版社、2006

マインド―心の哲学

マインド―心の哲学

  • 作者: ジョン・R.サール,John R. Searle,山本貴光,吉川浩満
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 81回
  • この商品を含むブログ (90件) を見る

2005

  • 吉川浩満「ザ・ハイロウズにハロー・グッドバイ(補遺)――「ラスト・ライヴ」」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2005/12
  • 吉川浩満「ロック(再)入門――ザ・ハイロウズにハロー・グッドバイ」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2005/12
  • 山本貴光、吉川浩満「カトリーヌ・マラブー『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本主義』書評」、『図書新聞』2005/9
  • 山本貴光、吉川浩満「暑さで頭がぼんやりする時の「脳」本ガイド」、『週刊ビジスタニュース』ソフトバンククリエイティブ、2005/8
  • 山本貴光、吉川浩満「心脳問題ブックガイド」「心脳問題キーワード」、『考える人 創刊三周年記念総力特集=「心と脳」をおさらいする』新潮社、2005/7
  • 山本貴光、吉川浩満「人文系ブログ案内」、『ユリイカ 特集=ブログ作法』青土社、2005/4

2004

  • 山本貴光、吉川浩満「ニュー・エイジ登場」1-3、『週刊読書人』、2004/9-10
  • 山本貴光、吉川浩満「茂木健一郎『脳の中の小さな神々』書評」、『図書新聞』、2004/8
  • 【シンポジウム】小松美彦、絓秀実、山本貴光、吉川浩満「『心脳問題』刊行記念シンポジウム」近畿大学国際人文科学研究所・四谷コミュニティカレッジ、2004/7
  • 山本貴光、吉川浩満『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』朝日出版社、2004/6

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く