『NOISE』書評☆早川書房note

早川書房のnoteにダニエル・カーネマンほか『NOISE』の書評を寄稿しました。すでに名著確定の大冊です。

本稿は『ノイズ』の書評である。だが、すでに当Hayakawa Books & Magazines(β)には、行動経済学者の友野典男氏による簡にして要を得た解説〔リンクは▶こちら〕も、ベストセラー作家の橘玲氏による刺激的な書評〔リンクは▶こちら〕もある。内容について私がさらに付け加えるべきことはない。そこで、私もそのひとりであるところの一般読者が本書の知見をどのように活用すればよいかについて、いくつか思いつくところを述べてみたい。