リング

中2の夏だったと思う。不良のNくんCくんと3人でバスフィッシングに出かけた。

バスフィッシングとは、ブラックバスという魚をルアーと呼ばれる疑似餌で釣ること。われわれはブラックバスを求め、しばしば隣県のY池までチャリンコを飛ばした(詳しくは2005年2月16日の随想を参照)。

さて、Y池に到着したわれわれが釣りの支度にとりかかったとき、後ろの草むらからガヤガヤと数人の話し声が聞こえてきた。草むらから出てきたのは、ちょうどわれわれと同じ年ごろの少年3人。知らない顔である。たぶん隣県の生徒なのだろう。

火花が散った。いわゆるガンの飛ばしあいである。

計5人――すなわちわたし以外――の視線が激しく交錯した。わたしは残念ながらガンつけという因習に不慣れであったので、思わずうつむいてしまったのである。

幸いなことにそれ以上の揉め事は起こらず、両陣営はそれぞれ別のポイントで釣りをつづけた。

昼どきになり、われわれ3人は池ちかくのラーメン屋でラーメンをすすった。話の筋には関係ないが、たしか味噌ラーメンであった。鼻水が出て止まらなくなったことを覚えている。しかしいまはそのことはどうでもいい。その話はおこう。

午後の部である。歩きながら池に向かう途中、突然Cくんが提案した。

やるか?

なにをやるのか。決まっている。物理的暴力によって相手を排除するのである。

Nくんはうなずきながら、ポケットからなにやらとりだした。お守りでもとりだすのかと思ったら、ばかでかいドクロのリングであった。

持ってきた。

なんに使うのか。決まっている。指に装着したリングによって殴打の破壊力を増大させるのである。

わたしは残念ながらタイマン張りという因習にも不慣れであったので、思わずうつむいてしまった。

NくんとCくんは、わたしにやさしく問いかけた。

吉川くんは、どう思う?

たいへん民主的な彼らであった。わたしは正直に言った。ちょっとやりたくない、と。場に流されるまま下手に賛成しようものなら、おたがいに大怪我をすることにもなりかねない。

そっか。じゃ、やめよっか。

彼らは少数派であるわたしの意見を採用してくれた。われわれは何事もなかったかのように、いや実際何事もなかったのが、ふたたび夕方いっぱいまで釣りをつづけた。ブラックバスは一匹も釣れなかった。

どうして急にこんな話をしたのかというと、急に思い出したからである。どうして急に思い出したのかというと、夕飯を食いながらアニマル・プラネット(ケーブルテレビの動物専門番組)を観たからである。どうしてアニマル・プラネットを観て思い出したのかというと、番組に、犬の形をしたばかでかいリングをはめたイタリア人のおばちゃんが出ていたからである。

ともかく、いまでもわたしは彼らのことが好きである。中学を卒業して別れ別れになってしまった。交流がなくなってから、もう20年ちかくが経つ。

◇哲劇メモ > 随想
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%bf%ef%c1%db%5d

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. eder より:

    こんにちは。自転車で足繁く釣り場に通っていた昔を思い出しました。「ポイント」という概念がそうさせるのか、確かにあのような「闘い」が頻繁に生じていたように思います。私の場合、「鯉師」・「へら師」との闘いがメインでしたが。。。それにしてもいやはや懐かしい限りです。

  2. clinamen より:

    ederさん、こんにちは。コメントありがとうございます。鯉師、へら師との闘いですか。たしかに先方からしてみればルアー・フィッシングはポイントを「荒らす」蛮行以外のなにものでもないでしょうからね!(笑) もっとも、拙文のNくん&Cくんの場合は、釣るために闘うのではなく「闘うために闘う」という感じでしたが…