書評☆君が異端だった頃

1933年創刊の季刊文芸誌『文藝』に書評を寄稿しました。

文壇の貴公子・島田雅彦の自伝的青春「私」小説。めちゃくちゃおもしろいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする