先史学者プラトン☆翻訳刊行

翻訳書が出ます。山本貴光くん id:yakumoizuru との共訳。

  • メアリー・セットガスト『先史学者プラトン――紀元前一万年­-五千年の神話と考古学』山本貴光、吉川浩満訳、朝日出版社、2018/4

先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学

先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学

  • 作者: メアリー・セットガスト,山本貴光,吉川浩満
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2018/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

國分功一郎さんの解説もいただきました!

細分化された考古学に「測定できないもの」
を取り戻す野心的な試み。
大胆な議論をぜひ楽しんでもらいたい。
――國分功一郎さん

【プラトンが記したアトランティスとアテネの大戦争の痕跡が、先史時代に見つかる?】
【「定住革命」は、ザラスシュトラ(ゾロアスター/ツァラトゥストラ)による宗教改革だった?】

戦争も、信仰も、アートも、先史時代に始まった――
考古学の成果に依拠した、神話の大胆な読み換えによって、「文明以前」の人類世界を再構築する刺激的試論。
(内容紹介より)

なんというか愉快としか言いようのない図版も満載です。

f:id:clinamen:20180401191249j:plain:w300 f:id:clinamen:20180401191306j:plain:w300

心配なのは、3月に報じられたチャタル・ヒュユク遺跡研究の第一人者ジェームス・メラアート(1925-2012)の出土品捏造疑惑。メラアートの仕事は当然同書でも多数参照されています。現時点ではなんともいえませんが、注視していきたいと思います。

amp.livescience.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする