パンダのこころ(*)――2006年2月版

  • (*)©真島昌利 ※タイトルはイメージです。

タイニーパンダ

ジャイアントパンダの生後2日目(らしい)。
なんかすごい。笑ってるし。

◇パンダ研究所
http://panda.or.jp/

【関連記事】
◇哲劇メモ > [泡] – うたかたの日々の泡沫的感慨
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%cb%a2%5d

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    かわいいね。やはらかそおね。ぱんだラヴ。ぱんだの母はときどき赤ちゃんを圧死させるらしい。

  2. clinamen より:

    これじゃ死ぬよなぁ…

  3. meianfilm より:

    最初から白黒はっきりしているわけでもジャイアントなわけでもないわけですね。
    They might be giants。
    俺、パンダって、シブイっす。

    「片方がパンダで、もう片方がいろいろな動物のクリエーションであるハンパンダ」
    http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
    「2mのハンパンダ16体と、パンダ側でない半身を黒いゴムに漬けたゴム漬けハンパンダ数体と、犬のヨークシャーテリアのハンパンダの彫刻やシカのハンパンダの剥製壁掛け等が発表される予定です。」

  4. clinamen より:

    お、野田凪のハンパンダ! 行ってみようかな。thank you.