K氏、確定深刻

◆K氏
自宅最寄り駅の地下通路。批評行為にたいする激しい情念と強靭な意志で知られる文芸評論家のK氏が物思いに沈みながら歩いているのを目撃してしまった。同じく文芸評論家のS氏から「きみが住んでるC市に引っ越したらしいよ」と聞いていたのだがひょっとしたらかなりのご近所さんなのかも。

◆確定申告(期限は3月15日)
「さあ準備をしないと」と思い、周到にも今年のはじめに前もって買っておいた確定申告攻略本(ムック)を探す。探すのだが、見つからない。それもそのはず、先々月に買った本なんて見つかるわけがない。別に攻略本なんて読まなくてもウェブからいくらでも情報を得られるはずだけれど、買っておいた本が見つからないという事実にどうしてもこだわってしまう。部屋中にそびえる本のようなゴミやゴミのような本の連峰を掻き分け切り崩すうちに、いつものあの情けない気持ちがグッとこみあげてくる。どうしてきちんと整頓できないんだろう。いやそれ以前に、どうしてこう毎年毎年こんなに確定申告でアタフタするんだろう。どうして余裕をもってすませることができないんだろう。……攻略本は、アマゾンの空箱の下に隠れていた。あぶなかった。もう少しのところで「生まれてすみません」まで行くところだった。ふぅ。というわけで、疲れてしまったので申告は明日にします(もう明日と月曜日しかないんだけど)。