柄谷行人×福田和也 公開対談「21世紀の世界と批評」@新橋ヤクルトホール

ほぼ満員。初の公開対談だったそうな。

(対談からのメモ)
◇速度
 内面=遅延(時間)/速度向上で内面縮滅
◇小説にしかない優位
 時間+内面
ファシズム=テクノロジーをもちいた本来性の回復
 ex. アウトバーンフォルクスワーゲン+ピクニック
ロマン主義象徴主義
 ボードレール「路上の画家」――歴史が終わりモードが始まる
◇神の死(ニーチェ
 超感性的なものだけがなくなったのではなく、同時に感性的なものもなくなった
 (=境界線がなくなった)
 情報は物質(感性的なもの)と観念(超感性的なもの)の二項対立を乗り超える
 情報だけがある
◇テクノロジー(ハイデガー
 サイバネティックスがもたらした哲学の最終段階
 「情報」(観念でも物質でもない)以後に哲学は可能か

◆談話@銀座ライオン新橋
相棒(id:yakumoizuru)と放談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする