『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』刊行記念シンポジウム

◆『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』刊行記念シンポジウム
 http://www.logico-philosophicus.net/works/index.htm#events
たくさんの方々にご来場いただきました。ご清聴、ご協力、ご質問くださった方々、どうもありがとうございました。小松美彦さん、絓秀実(すが秀実)さんによる拙著へのコメント、参加者のみなさんによるご質問・コメントは、家でじっくりと考えさせていただきたいような貴重なものばかりだった(その場で当意即妙なお答えができず申し訳ありませんでしたが、なんらかのかたちでフィードバックをさせていただきます)。

追記:id:chocolat_chaudさんによるレポート(ありがとさんです)。
http://d.hatena.ne.jp/chocolat_chaud/20040711#p1

◆打ち上げ
終了後、ご出席いただいた小松美彦さん、絓秀実さんや参加者のみなさんと移動し打ち上げ。飲みの席ではid:contractioさんから非常に刺激的かつ有意義なお話を聞くことができた(しかし、いまになって思うに、そのせいで彼がほかの方々と会話をする機会が奪われたような気がしてならない。だとしたら申し訳ないことだ)。とにかく、ありがとうございました。なにか書けそうだったら書きますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. contractio より:

    clinamenさんを「占有」してしまってすみませんでしたw。>他の参加者のみなさま

  2. jitenko より:

    都会が羨ましい

  3. clinamen より:

    いやいや、「あの場」においてcontractioさんは明らかに「珍客」(w であり、じつはみんな興味津々だったと思うのです。なので「占有」を悔いる上記のような書きかたになったのでした。(w 俺様のほうこそすみません。>参加者のみなさま / たまたま(わたしたちが住んでいる)東京開催になってしまったもので……。すみません。>jitenkoさん

  4. contractio より:

    おぉ(・∀・)! 激しく納得いたしました。「申し訳ないことだ」は、「酒井以外の参加者」に向けて述べられた言葉だった罠。