袋小路論

『袋小路論――「ある種の知的な気分」の回路基板』 [来るべき書物]

(or『かしこくなるとはどういうことか――「知ること」の袋小路』)

  • 「ある種の知的な気分」(ライル)
  • 「ある種の知的な気分」から「哲学」へ
  • わたしたちはみな実践的哲学者である
  • それどころかむしろあまりに、あまりに哲学的なのである
  • 『論考』と『探究』(ウィトゲンシュタイン
  • 二つの「哲学」
  • ツルツルした建物/ザラザラした大地/ゴツゴツした地中
  • ツルツルと哲学1/ザラザラと生活/ゴツゴツと哲学2
  • ザラザラとツルツル/ザラザラとゴツゴツ/ツルツルとゴツゴツ
  • どこからはじめ、どこへいくのか
  • 「○○から○○へ」を行うこと/その困難
  • 「○○から○○へ」を断ち切ること/その困難
  • 「はじめない」という選択/その困難
  • 選択しないこと/その困難
  • ふりだしにもどる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする