無伴奏チェロ組曲

「心と脳」特集のキーワード集を作成。クオリア、ミラーニューロン、ゾンビなど。

 *-*

ミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky/1948- )の『無伴奏チェロ組曲』(1999年録音)を聴く。

バッハ : 無伴奏チェロ組曲

バッハ : 無伴奏チェロ組曲

美しい音色と端整な演奏で抑制されたロマンティシズムのようなものを感じさせた1回目の録音(1984-1985年)からの変貌ぶりに驚く。伸縮自在なテンポと強弱。人はこれを自由であると言い、あるいは抑制がきかない勝手な演奏とも言うだろう。一聴して怒りだす人もいるかもしれない。でも、おもしろい。録音もすばらしい。まだマイスキーを聴いたことのない人は1回目の録音と聴き比べて楽しむといいと思う。

1984-1985年の録音はこちら。

バッハ:無伴奏チェロ組曲 全曲

バッハ:無伴奏チェロ組曲 全曲

◇ミッシャ・マイスキー ファンクラブ
http://www006.upp.so-net.ne.jp/mmfc/

コメント

  1. xialu より:

    2001年に放映されたTV番組「未来への教室」で、各界の著名人が子供達に自分の経験や技術を生かした授業をしました。マイスキーはその中で2枚のCDの聞き比べを子供達にさせたんです、「どちらが若い頃のものだと思う?」って。古い方は脱出直後に録音したもので、苦難を背負った思いが滲み出ているようです。新しい録音のものがむしろ自由で若々しさに満ちていて、子供達はみなこちらが若い頃のだって答えていました。私は番組を見てすぐにとりあえず1985年のを購入しましたが、苦悩を乗り越えようとしていた人に貸してそのままにしています。

  2. clinamen より:

    その人、苦悩を乗り越えて1999年ヴァージョンになっているといいですね。