いまごろ気がつくのはさておき

小説トリッパー』秋季号の特集は「気がつけば韓流」。白眉は岩井志麻子氏のエッセイ。

小説 TRIPPER (トリッパー) 2005年 秋季号

小説 TRIPPER (トリッパー) 2005年 秋季号

岩井さん、あいかわらずすごいなぁ。

あなたは韓国男の精液が辛いのを、ご存じか。(p.24)

ほんまかいな。じゃ小生のも辛いはずだが確かめてないので知らん。

◇大日本志麻子帝國の光芒 – 岩井志麻子、公式サイト
http://www.iwaishimako.com/

◇『小説トリッパー』 – 朝日新聞社
http://opendoors.asahi.com/data/detail/6931.shtml

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

岡山女 (角川ホラー文庫)

岡山女 (角川ホラー文庫)

猥談

猥談

コメント

  1. マエ より:

    岩井志麻子の「猥談」という凄い本は凄いです。打ちのめされました。(ほんとは他にもっと言いたいことがあるのですがとても書けません。

  2. より:

    わたくしもマエ姉のすすめで読みました。(ほんとは他にもっと言いたいことがあるのですがとても書けません。

  3. xialu より:

    岡山女って、なんでしょ? 19日から行きますが、怖くなってきました。

  4. clinamen より:

    ホマエたちの人生はとても書けないことでいっぱいだな。;)>マエ&ホ

  5. clinamen より:

    怖いよ〜(ヘヘヘ)>xialuたん

  6. xialu より:

    アマゾンで調べたら、ひゅ〜、ほんとに怖い物語なんですね〜。19日から22日まで仕事で岡山市に滞在しますが、夜な夜な、そんな本は読まないことにしましょ。山を越えたら故郷ですが、何か出て来そうで怖くて越えられそうにありません。

  7. clinamen より:

    立派な岡山女になって帰ってきてください。