☆W・V・O・クワイン『論理的観点から――論理と哲学をめぐる九章』飯田隆訳、勁草書房
☆W・V・O・クワイン『ことばと対象』大出晁ほか訳、勁草書房
☆W・V・O・クワイン『真理を追って』伊藤春樹ほか訳、産業図書
☆クリストファー・フックウェイ『クワイン――言語・経験・実在』浜野研三訳、勁草書房
ドナルド・デイヴィドソン『真理と解釈』野本和幸ほか訳、勁草書房
☆カール・R・ポパー量子論と物理学の分裂』小河原誠ほか訳、岩波書店
☆オリヴィエ・トッド『アルベール・カミュ――ある一生』有田英也ほか訳、毎日新聞社
イアン・ハッキング『記憶を書きかえる――多重人格と心のメカニズム』北沢格訳、早川書房

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする