マイケル・リンチ「コンテクストのなかの沈黙」

  • マイケル・リンチ「コンテクストのなかの沈黙――エスノメソドロジーと社会理論」石井幸夫訳、『文化と社会』vol.2、マルジュ社、2000
文化と社会 第2号

文化と社会 第2号

ある公開講義におけるハーヴィ・サックスの「沈黙」を端緒にエスノメソドロジーの意義(と窮状)を語る感動的なテクスト。会議「エスノメソドロジーと会話分析:東洋と西洋」(1997/8/20-1997/8/23@早稲田大学)での発表にもとづいたもの。