バルタサル・グラシアン

(という記事をさきほど書いたのですが、諸事情によりまるごと削除しました。すみません。悔やまれるかた――そんな奇特なかたがいらっしゃるかどうかわかりませんが――は、精神的肉体的世間的等々さまざまなハードルを乗り越え、ルーマンフォーラムならびにルーマン読書会にご参加ください。<宣伝)

日曜社会学 > ルーマン・フォーラム

◇【関連記事】哲劇メモ > [GdG]

バルタサル・グラシアンの成功の哲学―人生を磨く永遠の知恵

バルタサル・グラシアンの成功の哲学―人生を磨く永遠の知恵

賢者の教え―せち辛い人生をいかに生きぬくか (リュウブックス)

賢者の教え―せち辛い人生をいかに生きぬくか (リュウブックス)

バルタザールの悪の自分学―何のための人生か、誰のための人生か

バルタザールの悪の自分学―何のための人生か、誰のための人生か

コメント

  1. contractio より:

    どもども。まとめ痛み入ります。
    出発点から間違えましたが、これはフォーラムの方に「読書会メモ」として送っていただくべきものでしたな。(それなら──ご本人達にも訂正の機会が(容易に)与えられていることになるので、「吉川くん」としてももっと気楽に作業が進められそうな。この点、ご一考を。というかとりあえずまずこれ↑をただちにフォーラムに投稿してくださいw。)

  2. jitenko より:

    どこかでみたことのある名前ですな〜と思っていましたら、ジャンケレヴィッチの『仕事と日々〜』の最初に人名で載っていました。しょーもないことを言っているように見えて、その実、別の読み方があるのかもしれない?と思った私は読んだ方が良さそうですね・・・。近頃のモットーは、如何にうまく誤読をするかです!

  3. clinamen より:

    そうそう、わたしも読んでみたいんですグラシアーン。

  4. clinamen より:

    アドヴァイスありがとうございます。さきほどルーマン・フォーラムに投稿しました。よろしくお願いしまーす。>contractioさん