斎藤環『文脈病――ラカンベイトソンマトゥラーナ青土社 →amazon.co.jp
・序章「「顔」における主体の二重化」
・13「コンテクストのオートポイエーシス
・14「箴言の基体としての精神病理学」
ちょっと難しい。何度も読み返す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする