ウィトゲンシュタインのダイアリー

ウィトゲンシュタイン 哲学宗教日記

ウィトゲンシュタイン 哲学宗教日記

いかにもいかがわしいタイトルと造本(*)で刊行されたこの本だが、1996年にG・H・フォン・ライト(ウリクト)によってウィトゲンシュタインの手稿として認められている(遺稿番号MS183)。

  • (*)ダメといっているのではない。むしろふさわしいと思う。

この日記は、はじめウィトゲンシュタインの姉マルガレーテ・ストロンボローが所有していた。彼女は弟ルートウィヒの死後、これを彼の親友であったルドルフ&エリザベス・コーダー夫妻に思い出の品としてプレゼント。その後、ルドルフ・コーダーの息子で大学教授のヨハネス・コーダーとその姉妹マルガレーテ・ビーダー=コーダー(「コーダー遺稿」の所有者)とインスブルック大学ブレンナー・アルヒーフとのあいだで接触がもたれ、結果的にルドルフ・コーダーがこの日記を出版することをブレンナー・アルヒーフに委託した、とのこと(編者序より)。

訳者は、好著『ウィトゲンシュタインはこう考えた』の鬼界彰夫

追記

下記ウラゲツ☆ブログに詳しい紹介があります。

◇ウラゲツ☆ブログ > 今週の注目新刊(第29回:05年11月20日)
http://urag.exblog.jp/2655738/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉野葛 より:

    講談社のPR誌『本』12月号に鬼界氏が寄稿しています。おもしろい。論考/探究問題への一視座として興味深く読みました。

  2. clinamen より:

    お知らせありがとうございます。書店に走ったところ「月末入荷」とのことでした(定期購読していないのです)。月末に再チャレンジします。

  3. 吉野葛 より:

    そうでしたか。申し訳ないことです。持参します。

  4. clinamen より:

    ありがとうございます!